So-net無料ブログ作成

ビジネスマッチングの有効活用法!! [営業]

会社員だった頃、新規開拓の一環としてビジネスマッチング会に何度か参加しました。

参加した人はお判りかと思いますが、

ビジネスマッチングは企業の集団お見合い会みたいなものですね。

ただ困り者はお互いに売りたい同士になることが多く、

そうなると、全く意味がありません。

話を聞こうとしないんですから、その後会ってもビジネスになりにくいですね。



ビジネスマッチングでうまく行くケースと前述の様に売り込みたい同士になるケースがあるのは何故でしょうか?



どうもビジネスマッチングの営業にあるように思います。



ビジネスマッチングの主催者が営業的だと、大概前述のような売り込みたい人ばかりになるようです。

「こんな商談があります!」って良いことばかり話すので、

マッチングも入れられるだけ入れて、そのつもりで参加してしまいます。

相手も同じような状況ですから、とにかく売り込み合戦になってしまいます。



逆にあまり営業的でなく「こんなのありますけど…」くらいで、

緩い誘いの方が、出席するとお互いにスムーズな話ができる良いマッチングでした。




最近ビジネスマッチングでは、こう思います。

「あまり営業しない方がいいじゃないか?」

極端な言い方ですが、直接売る相手を見つけるのではなく、

いっしょに協業して、市場創造するパートナーを探す目的がいいんじゃないでしょうか?

どっちにしても売りたい同士なので、話がスムーズです。



過去、あるビジネスマッチングで

大手制作会社と大学に協業営業するプロジェクトがこの方法でできました。

ビジネスマッチングで協業事業を始めましょう!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。